藪から棒に覚悟を試されることがある。そしてそういう時ほど打ちのめされる。

ついさっきまで新しいことにチャレンジしてやるぞ!って燃えていた。

燃えていたんだけど、ほんのちょっとしたことで鎮火して打ちのめされた。

それはほんの些細なこと。
実は前々から気にはなっていたこと。
目を背け続けてどういう方向へもっていこうかと盛り上がっていた。

しかし直視しないといけない時はやってくる。
直視した瞬間自分の覚悟のなさを思い知らされた。
やり切るぞという覚悟があったなら迷いなく踏み越えていたライン。

そのラインを今の自分には超えられなかった。
踏むことさえできなかった。
踏み越えるためにはしっかりと見つめ直さないといけないものがあった。

大きく言うと今後自分はどんな生き方をしたいのかということ。

これを堂々と伝えることができるのか。
伝えたことへの反応を受け止めることができるのか。
挫けず歩み続けることができるのか。

そういう覚悟が問われた。
大丈夫なんだとわかっていてもダメだった。
わかっていても行動できないものはある。

しっかりと向き合って、
とことん向き合って、
踏み越える覚悟を手に入れる。

それは辛いことかもしれない。
でも乗り越えられないものではない。
乗り越えられないものだったらこんな気持にはなっていない。
できるとわかっているからこそこんな気持になっている。

一回り大きくなるために必要なことなんだ。
大丈夫、必ず乗り越えて覚悟を持つことができる。
大丈夫。