無意識に使っている言葉はありますか

人が行うことには大なり小なり何かしらその人が持っているものが出ている。
下手をすると全部でてしまうことがある。
例えば食事の所作で品の良し悪しがわかってしまったり。
最近まわりの人の口癖をよく気にしているのでほんの少し書き留めてみる。

1. すみません

すみませんという言葉はいろいろな意味を持っている。
声をかける時、謝るとき、感謝を伝えるときなど場面場面で意味が変わってします言葉。

個人的には感謝の気持ちを伝えたいのならありがとう、謝る場合はごめんなさい、失礼しましたという方が気持ちがいい。

特に感謝の言葉のかわりにすみませんと言われるのは気分は良くない。ありがとうの方が嬉しいよ。無意識に使ってる人は謙虚過ぎる、自分を犠牲にする傾向があるのかな。

2. 〜けれども…

けれどもに限らず逆接語は使い方によって受け取り側の印象が変わる。

「◯◯と思っていたんですけれど、本当は□□でした。」という場合は特に問題はない。気持ちの良くない使い方は次のようなもの。

「◯◯となっているんですけれども。」

けれどもで終わる場合。後に続ける言葉はあるはずだけれど伝えない。話が終わっているのかどうかわからなくてどこか不安定。相手に主導権を渡している印象を与える。

使う場面によっては効果的だと思う。例えばおねだりする場合とか。でも普段の会話の中で使われるとイラっとする時がある。

3. ちょっと

ちょっとやってみた。ちょっと考える。ちょっと調査してみる。

意味もなくつけるちょっと。本人は気軽にという意図を込めているのだと思うが聞いている方としては微妙に違和感がある。特にお客様との打ち合わせなどの会話でつい付け加えている。連発すると頼りなさそうと思われてもしかたはないかもしれない。

まとめ

今回は少し愚痴っぽい内容になってしまいました。自分も使ってはいないかなと振り返りました。

無意識に使ってしまう言葉というのは日常の使い方から見直さないといざ大事な場面でぽろっとでてしまう。
また、無意識に使っている言葉から自分はどんな感情を持っているのだろう気付くきっかけにもなる。

あなたは普段どんな言葉を使っていますか?
どんな言葉が気になりますか?