人は生まれてくるとき親を選ぶことができるのだろうか

「お父さんとお母さんを選んで生まれてきたんだよ」

1/8の加藤俊朗さんのブログに上の言葉がありました。
あ〜、加藤さんもそういう感性を持っている人なんだなと感じた。

「子供は親を選んで生まれてこれない」ということは一般的によく言われている。科学的に考えると当たり前のこと。

これとは違った世界もあるみたい。
それが加藤俊郎さんのブログに出てきている「子供は親を選んで生まれてくる」という世界。
一見馬鹿馬鹿しい話に聞こえるかもしれない。
でも実はあるのかもしれない。

初めて知ったのは「うまれる」という映画。
その中で胎内記憶という言葉が出てきた。

私はこういう世界があったら面白いなと思っている人。
自分の人生を考えてきた時、どうして自分は生まれてきたのだろうとよく考える。
その時に両親を選んで生まれてきた、両親の家系を選んで生まれてきた、そういう風に考えることによってこれから進むべき道がはっきりした。
私が自分の両親を選んだのはどういう理由だろう、この立場を選んだのはなぜだろうという風に考えてこれから進む道を選んだ。その道がもっとも自然で心地の良いもののように感じたから。ちょっと遠回りしたけれども無駄な経験ではなく必要な経験だったんだと思う。
その道を進むのはちょっと勇気がいるけれどね。

信じる信じないはアナタ次第。
アナタはどっちを選びますか?