「冷珈ソーダ」炭酸×コーヒーという強気な組み合わせ

f:id:torus108:20160621230858j:plain:h480

上島珈琲の前を通ると新商品の看板が出ていた。
どんなのが出たのだろうと見ていると見慣れない文字があった。

冷珈ソーダ

一瞬目を疑った。
昔どこかの自販機で買ったまずい炭酸珈琲を思い出した。
炭酸と珈琲の組み合わせは難しい、ミスマッチだろうという思い込みがある。
上島珈琲が出しているのだからおいしく作っているのだろうと思って飲んでみた。

飲んでみた感想はコクのあるコーヒーと程よい炭酸のシュワシュワ加減がよかった。
炭酸なのでごくごくいってしまってあっという間に完飲してしまうので、味わいたい場合はゆっくり飲まないといけない。
夏にぴったしの商品。

正直な気持ち、やられた!って感じた。
去年の夏から炭酸にハマり、炭酸とコーヒーをうまく組み合わせることはできないかと考えていた。
水出しコーヒーの水を炭酸水に変えたりとチャレンジしてみたけどうまくいかなかった。
どうしても炭酸が抜けておいしいと感じられなかった。

去年出した結論は、炭酸水メーカーで作るしかないのか。
炭酸水メーカーとは水にガスを注入して手軽に炭酸水を作れる機械。
夏場に家電量販店へ行くとよく実演をやっているあれ。
水をアイスコーヒーに変えたら作れるのでは…と考えていたけど行動には移せていなかった。

上島珈琲の店員さんの動きを見ていると珈琲と炭酸を割っている感じだったから、家でも作れるのでは???という希望が見えてきた。

この夏はチャレンジして美味しい炭酸コーヒー作りにチャレンジしよう。