鮫島零治の夢に思うこと

ドラマ「世界一難しい恋」の第9話での
鮫島零治の夢が心に残ったので
備忘録として書き残しておきます。

夢とは絶対に消えないもの。

まわりの人間が躍起になって消そうと思っても、
やけになった自分が本気で消しにかかっても、
それでも消えずに残ってしまうもの。
それが俺にとっての夢だ。

この言葉を聞いて初めて思ったのが、
想像以上に抽象的な答え。
抽象的だけど素敵だと感じた。

何かを成し遂げたいと思っている人は
この言葉に響くところがあるのではないだろうか。

私自身に具体的な夢というものはない。
あえて言うなら、欲しいものをすぐに作れるような力を持っていたい。
作る対象は有形無形どちらでも。
どちらかというとソフトウェアに傾いている。

良いサイト
良いwebアプリ
良いスマホアプリ

欲しいものを作れる力を持つ。
それが夢だ。

その夢に対して行動できているか。
そう自分に問いかけて精進していこう。