加藤俊朗さんの呼吸ワークショップ

f:id:torus108:20151111015143j:plain

加藤さんの呼吸ワークショップに参加しています。
もう5回目が終わりました。一旦振り返って見ようかなと思います。
www.aoyamabc.jp

呼吸法との出会い

たしか2年前の2013年の年末に本屋で本を見かけたのがきっかけ。
なんとなく気になって立ち読みをしました。
ものすごくやさしい言葉、口調で書かれていて、内容がすーっと頭に、体に入ってきた。
不思議な感覚。

その時は買わなかったけれど、頭の片隅にずっと残っていたので後日購入した。
印象に残っている言葉

  • 「息」という字は自らの心と書いて息と読みます。
  • 呼吸は文字どおり吐いてから吸うことをいいます。吐くほうが先で、腹が主導権を握っています。

呼吸法をやってみて

出会った当時は仕事で精神的に参っていた時期。
なんとなくダメなループに落ちいっているという感覚はあったけれど、ぬけ出す方法がわからない。心が乱れていた。
瞑想が役に立つかもと思って試したことはあった。けれどしっくりとこなくて長続きはしなかった。

そんな時に加藤さんの呼吸法に出会い、呼吸法をやってみた。
やってみた感想はしっくりときたんだと思う。加藤さんの考え方が気持ちよかったのもあったのかもしれない。

呼吸法をやり続けると

毎日はしなかったけれど、気がついた時に呼吸法をやった。
本にCDがついていたので声で誘導してもらいながらやったりもした。

やっていくうちに加藤さんに会いたくなってきた。
対面でしか感じられない加藤さんのエネルギー、空気感、気遣いを感じてみたくなった。

加藤さんのHPを見るとリーダークラスという講座があった。
受講料30万を見て躊躇った。
払えない額ではなかったはずだけれど、一歩がでなかった。
ここで加藤さんにあうことを断念した。

ワークショップがあった!

そんなこんなで1年ぐらい呼吸法を取り入れた生活を送っていた。
なにかの拍子で習い事、セミナーに行ってみたいなと思った。
リーダークラスなるものがあったな〜と加藤さんのHPを見ていて、小さくワークショップのリンクがあるのを見つけた。

ワークショップ…
えっ………あるの???
これは行かないと…!!

すぐに申し込みを行った。
第23回と長い期間やっている。なんで前は気付かなかったかったのだろうか。

長くなってきたのでワークショップの感想は次回に書きます。

enkan.hatenablog.com