早寝早起きが良いとよく言われる理由はこれではないだろうか

よく早寝早起きがいいという話を聞く。

  • 健康にいい
  • 生産的になれる

こんなメリットはよく聞くけれども、
ぶっちゃけそんなに関係ないだろうという気持ちはある。

体調を崩して早く回復したいなと考えて早く寝るようにしたのをきっかけにここ最近早寝早起きの生活をしている。

実際に早起きをしてみると、朝のスタートを気持ちよく切れているからか気持よく1日を過ごせている。

なぜ気持ちがいいのかなと振り返ってみると、時間に追われていないから気持よく過ごせているのだと思う。

例えば遅めに起きた場合。時計とにらめっこしながら仕事や学校に行く準備をする。遅刻しないかなと焦りながら行くと余裕なんて感じている暇はない。

早く起きた場合。ゆったりと時間を過ごせる。
コーヒーを1杯淹れて読書をすることができる。
静かな朝を散歩することもできる。
心に余裕をもって1日を始めることができる。
職場によっては早く出社して早めに退社することもできる。

精神的にものすごくいい。
数日過ごしてみて案外早寝早起きもいいものだなと感じている。

時間に追われた方が生産的になれることはある。締め切り前とか。
でも常に追われているのは嫌だし疲れる。
自分のペースでできる方がいい。

いつか時間に追われない生活を過ごしたい。