コーヒーに恋していた

いつからだろう。コーヒーについてよく考えるようになったのは。

おそらく焙煎について興味を持ち始めた頃辺りからコーヒーについてよく考えるようになった気がする。
それにコーヒーに対する考え方がちょっと変わってきたような感覚がある。

それまでは美味しいコーヒーを飲みたいという気持ちが強かった。というよりそれしか思っていなかった。
焙煎について知ってからコーヒーって何なんだろうと考え始めるようになり、コーヒーをもっと知りたいなという気持ちが強まった。
世界に広まった歴史や、産地の話。精製方法の違い。焙煎の種類と方法。抽出方法。いろんなことを知りたいという欲求が高まってきた。
同時にコーヒーの楽しさってなんだろうと疑問を抱くようにもなってきた。

いろんな味を体験したいという気持ちはあるけれど、味覚に対する自信があまりない。
私はどちらかというと味音痴かもしれないという自覚はある。
おいしいまずいが人とあべこべという意味ではなく、感覚が鈍いという意味。
美味しいと感じてもそれがどんな風に美味しいのかというのがいまいちわかっていないところがある。
これは意識すれば鍛えられるのかなと考えているがどうなのかはわからない。

いろいろ考えだしていると前みたいに美味しいコーヒーを飲むだけでは満足できていない自分がいた。
何ができたら満足かというのはわからないけど離れたくないという気持ちが確実にある。

そのうち別に何もできなくてもいい。コーヒーについて考えることができてればいい。
コーヒーと寄り添っている時間が好きなんだなということに気付いた。
コーヒーに恋しているという状態なのかな。

将来的にコーヒーに関わる仕事に携わるかもしれない。
今はやらないの?という問いにはブロックがかかっている。
他にやらなければいけないことがあるからそっちを優先しようとしているだけ。
時間が経ったらどうなるかはわからない。
ただ、ツールの1つかなという直感がある。

毎日のコーヒータイムを楽しんでいこ♪