生産性を上げたいなら断捨離をしてみたらいい

選択肢を少なくすること

これが断捨離の本質的なことなのではと最近思うようになってきている。

断捨離とはこういう風に定義されている。

「断」=入ってくる要らないモノを断つ
「捨」=家にはびこるガラクタを捨てる
そして「断」と「捨」を繰り返した結果訪れる状態を、
「離」=モノへの執着から離れ、ゆとりある“自在”の空間にいる私
断捨離 | やましたひでこ公式サイト

勝手に要約するといらないものを頭に浮かばせないようにすること。

続きを読む

【生きているミュージアム 二フレル】に行ってきた

https://i2.wp.com/scontent.cdninstagram.com/t51.2885-15/s640x640/sh0.08/e35/13098998_164082983988334_2130231422_n.jpg?w=680&ssl=1

EXPO CITYにある【生きているミュージアム 二フレル】に行ってきた。
想像以上の内容でとっても楽しめた。半日ぐらい退屈せずに楽しめそうと思った。

NIFREL(ニフレル)は海遊館が初プロデュースする、生きものの美しさ・不思議さを直感的に楽しむ今までにない施設です。水族館、動物園、美術館のジャンルを超えて、まるでアートのように生きものを観察できます。

最初は色鮮やかな魚がお出迎え

f:id:torus108:20160508015952j:plain

f:id:torus108:20160508015953j:plain

それぞれの魚の説明が川柳の形式になっていて楽しめた。
f:id:torus108:20160508015954j:plain

ファインディングニモのカクレクマノミもいた。
f:id:torus108:20160508015955j:plain

f:id:torus108:20160508015956j:plain

触れそうなところにいる動物達

f:id:torus108:20160508015404j:plain

f:id:torus108:20160508015405j:plain

f:id:torus108:20160508015409j:plain

食べる水 〜eating water〜

f:id:torus108:20160508015359j:plain

f:id:torus108:20160508015401j:plain

f:id:torus108:20160508015403j:plain

ちょっと甘めの味だった。

他にもホワイトタイガーやワニ、カバなどいろんな生物がいた(動きに夢中になって写真を撮るのを忘れていた…)。

EXPO CITYにはNIFREL(ニフレル)以外にもショッピングモールや映画館があったりと楽しめそうな場所がありました。

2016年の7月には日本一の観覧車がオープンするようなので行ってみてもいいかも。

無限の可能性というのは何も選ぶことができないということ

f:id:torus108:20160506170423j:plain

無限の可能性という言葉はどんなものでも選ぶことができるという魅惑的な言葉。でも実際は何も選べないことを意味している。

例えばレストランで注文を決める時、メニューがずらりと並んでいるとどれを選ぼうかと悩む。よくわからなければお店のおすすめを選ぶことが多いかと思う。

メニューだと多くて数十種類だけれども、人生の生き方となると膨大な数の道がでてくる。どういう職業につくのか、どういう土地に住むのか、どういう人と付き合うのか、どれにしようかと考えれば考えるほど道が増えていきどれも選べないという状態に陥りやすい。

プロスポーツ選手、俳優さんや職人さんなど成果を出している人のインタビューを見ていると他の道は捨てこの道で生きていくんだ!と決断している想いがひしひしと伝わってくる。最初から道が1つしかなかったかのように進んでいる人はどこか惹きつけられるものがある。

道を絞ったからといって成果を出せるとは限らない。
ホースの先をギュっと押さえると勢い良く水がでるように、道を絞るとエネルギーがでやすい。エネルギーが出るので成果にはつながりやすいだろう。

何か成果を出したいと思うのであれば選択肢を狭めることが重要だと感じている。

GWはゆったりと自分と向かい合う

このGWは6連休と長めの休みをもらって実家でゆっくりと過ごしている。

せっかく長い連休だからどこかに旅行行こう!って気分にはならず、自分とゆったりと向かい合おうかなと考えている。

別にどこかに行ってもいいのだけれど、心に引っかかっているものを無視していたら楽しむことができないだろうなと思うので、引っかかっているものと向き合おうと思っている。

なかなか時間を取って向きあおうとしなかったものだからきつい作業になるかもしれないけれど、乗り越えないといけないものだろうから正面から向き合ってみる。正面からがきつすぎるのなら隣に寄り添ってどんなものか感じてみる。

こんな質問を投げかけていこうかなと考えている。

  • どんなことでもできるとしたら何をやりたい?
  • 今抱えているものを全て手放して自由になったその両手で何を掴みたい?
  • この先の人生、どんな人とどんな風に過ごしたい?

呼吸法やマンダラチャート、モニペなどのツールを使っていこう。

歌丸さん司会の笑点が見れなくなる日がやってきた。

歌丸さんが笑点の司会を辞めるそうだ。79歳というけっこうなお年。お疲れ様という気持ちとやっと司会者交代かという気持ちが織り交ざっている。

2年ぐらい前から笑点見るようになった。毎週日曜に見て、youtubeでも見漁っていた時期もあった。そのせいもあってか毎度同じパターンでなんだかつまらなくなって見なくなった。最近だと月に1回見る感じ。

最初の頃は落ちやパターンがよくわかっていたから楽しめていたけれど、パターンがわかった途端どこか面白さにかけるようになった。
流れがわかっていても楽しめるというのが本当のおもしろさといういうものなんだろうかな。

続きを読む

人は想いと言葉と行動でできている

人は想い言葉行動でできている。
そして植物とおなじ構造をしている。

地面の中にある植物の根と同じように、
人の想いは外からではわからない。

根から幹が生えて周りから見えるように、
想いいから言葉がでて人に伝えることができるようになる。

そして枝葉が伸びるように色々な行動をする。
最後は行動の結果が花となる。
ならない場合もあるかもしれない。

タンポポの種を植えたらタンポポが咲くのが当然。
チューリップやパンジーになることはない。

だからこそ想いが大事になる。
どういう想いでやるのか。
それで大体のことは決定する。

感情をよく感じたければ◯◯すればいい

最近体調を崩していて更新が滞っていました。
…体調を理由に更新しなくてもいいかなっと思っていた気持ちは半分ぐらいありました。

でも書きたいなって気持ちが出てきたからブログはまだ嫌いになっていないんだなと思います。

体調管理ができていない自分が悪いところはありますが、
体調不良になると普段なら気にならないことが気になっていろんなことに苛立ちを覚えるものです。隣の人の会話とか、ファンの音とか、甘いお菓子の匂いとか。気が散って目の前のことに集中できなくなってイライラが溜まっていく。だからなのか普段よりも感情的になり、感情に目を向けやすい状態になる。

一旦体調が落ち着いてきた後に人と会っていた時にこういう時に感情を強く感じるんだなと気付きました。

続きを読む

味覚の鍛え方をまとめてみた

f:id:torus108:20160308233209j:plain:h350:w520

いりいろ味を感じられるようになりたいという思いがよく湧き上がってくるので、どうすれば味覚を鍛えることができるのだろうと調べてみた。

続きを読む

人生を変えたいならプレイヤーになれ!

先日「プレイヤーになれ」という言葉を見かけて長い間心の中にあったモヤモヤが晴れた。

  • いいな、あんな風になれたらな。
  • あの人のセミナーに行ったら変われるようになるかも
  • 批判だけをする

そんな風に観客側の意識でいると一生何も変化しない。
小さい小さい輪の中をずっと回り続けることになってそこから抜け出せない。

セミナーへ行くのは構わない。
セッションを受けるのも構わない。
本やネットで知識を得るのも構わない。

続きを読む