加藤メソッドの基礎は「呼吸のノート」の中にある

加藤さんの呼吸法「加藤メソッド」を始めたい、
もっと知りたいと思う人は「呼吸のノート」を読んで実践してみるのがおすすめ。

なぜそう思うのかを少し書いてみる。


呼吸のノートの中には加藤メソッドの基礎が書かれている。
その基礎というのは

  • 気持ちよく
  • ゆっくりと
  • 丁寧に息を吐く

ただそれだけ。
これが加藤メソッドの基礎の基礎(と思っている)。

27日間のレッスンを通してこの基礎を学んでいくのが「呼吸のノート」。
まずはやりやすい方法から始まり、
慣れていくにしたがって姿勢や時間を変えていく。
27日間が過ぎた頃には基礎をマスターできている………はず。

基礎を学んでから加藤メソッドを学んでいけばいい。
黄色い本に色々な方法が載っている。
基礎は土台。
土台がしっかりしていないと不安定になる。
土台がしっかりしていると安定する。
安定すると落ち着きが生まれる。
落ち着きが生まれると生きるのがラクになる。

上に書いた基礎、「気持よく、ゆっくり、丁寧に」というのがわかったら
「呼吸のノート」を読まなくてもいいのでは?と思うかもしれない。
でも、読んだほうがいい。
加藤メソッドに興味があるのなら読んだほうがいい。
加藤メソッドって何?というのが書かれている。
加藤さん自身の想いが凝縮されている。

わかりやすい言葉で、
心に染み込むような言葉で書かれている。
他の本よりも丁寧に書かれている。
読んでいるとじんわりと暖かさを感じる。
だから一度手にとって見てください。

呼吸はただの道具。
ただの道具だけれど、いろいろな気づきをもたらしてくれる。
この道具に出逢えてよかった。
そんなものがひとつでもあれば生きていける。

呼吸のノート

呼吸のノート