人生を変えたいならプレイヤーになれ!

先日「プレイヤーになれ」という言葉を見かけて長い間心の中にあったモヤモヤが晴れた。

  • いいな、あんな風になれたらな。
  • あの人のセミナーに行ったら変われるようになるかも
  • 批判だけをする

そんな風に観客側の意識でいると一生何も変化しない。
小さい小さい輪の中をずっと回り続けることになってそこから抜け出せない。

セミナーへ行くのは構わない。
セッションを受けるのも構わない。
本やネットで知識を得るのも構わない。

受け取っただけで終わってしまってはいけない。
何かしら必ず学んだことがある。
その学んだことを実践することが重要。
この実践するということがプレイヤーになるということ。

こんな言葉を以前目にしたことがある。

百聞は一見にしかず
百見は一考にしかず
百考は一行にしかず
百行は一果にしかず

結果を出して人生を変えたいのならば実践しないと変わらない。
見ているだけではダメだ。その後に考えて行動に移さないといけない。

プレイヤーになることで得るものは想像以上に大きい。
こればかりはやってみないとわからないものだと思う。
肌感覚レベルの違いだからやってみないと実感することはない。

出すということ、アウトプットするということが本当に重要なんだと腑に落ちてきている。
何を出すかというところから普段のものを視る意識が変わる。
どんな風に出せばいいか考える。考えている途中で自分の知識の少なさに愕然とすることがある。
出した後はフィードバックで気づくことがある。

人生を変えたいと思っているのなら行動を起こしていこう。