立春

四柱推命・九星気学で扱う暦は太陰太陽暦。いわゆる旧暦と呼ばれているもの。日常生活で使われているグレゴリオ暦とはちょっと違う。旧暦では立春の今日が新年となる。

個人的にこの日をどこか心待ちにしていた。この3年間は天中殺の期間に入ってた。天中殺を簡単に言うと運気の流れが悪い時期。今年でようやく天中殺の期間を抜けて新しい運気の流れに乗れる日を楽しみにしていた。

でも、浮かれてばかりでは足元をスクワレル。日々のやることはしっかりとやり、少しづつ新しいことにチャレンジしていこう。

知り合いの占い師さんに立春にはやったことがいいよと言われたことがある。

  1. 氏神様へお参り
  2. お清め

氏神様は今住んでいる土地を護ってくれている神様。神社庁に問い合わせれば教えてくれる。
行く時間は朝の方がいい。参拝方法は二礼二拍手一礼。自分の住んでいる場所、名前、感謝の言葉を伝える。基本的に参拝するときは感謝の言葉を伝える。お願いはあまり言わないほうがいいらしい。(氏神様には個人的なお願いはokと聞いた記憶があるけど…。)

お清め。今度神社で祈祷をうけてこようかと思う。天中殺が明けたのでやっておいた方がいいかなと考えている。実際にやってみると気を引き締める経験になるのかなと思っている。

さあ、これからどんな未来がやってくるのだろう。
どんな体験をできるのだろうか。