2016年2月の記事一覧

火星の人・オデッセイの感想

会社の中で話題になっていたので原作を読んで映画も見に行ってきました。
本・映画それぞれに良いところがあったのでまとめてみます。

あらすじ

事故で火星に1人取り残された主人公ワトニー。
最初は死んだと思われていたが実は生きていたことがわかる。
NASAの精鋭たちがワトニーを救出方法を考える。
様々なトラブルに見舞われる中、はたしてワトニーは助かるのか。

続きを読む

Googleで見つからないものに価値がある

最近Googleなどの検索エンジンで検索しても出てこないものに価値があるんだなと思うことがある。簡単に検索できるようになって調べるというコストが下がったからこそ相対的に価値が出てきているように思う。ある程度のことは検索すればでてくるが、本当に知りたいことはもう一歩先にある。そういう情報はなかなかでてこない。

続きを読む

かわいいものには癒やされる

リラックマは最高の癒やし

ここ数年この考えは変わらない。変わることはあるのだろうか。
こんなツイートを見るともう幸せな気分になってしまう。

このツイッターアカウントは非公式だけれど、本当にリラックマが喋っているような感覚がある。話かけて返信があった時はすごく嬉しくなる。

続きを読む

結局のところ人間について描いている作品が面白い

2016年1月スタートしたドラマで見ているのは4つ。
今期は珍しくドラマを見ようと思っていろいろ物色している中でこの4つが残った。

ダメな私に恋してください

深田恭子さん主演のドラマ。
後味のいいドラマ。
見終わってすっきりする。そこまで何かが残るような感じはしていない。
気分がすっきりする。
キャストの人たちの笑顔に癒やされているのかもしれない。
みんないい笑顔してるよ。

わたしを離さないで

臓器提供をするために生まれてきた人たちを描いたドラマ。
正直見ていて気持ちのいいものではない。
でもどういうわけだか見続けている。
きっと何か必要なメッセージがあるんだと思う。
ないのかもしれないけれど…。

家族ノカタチ

このドラマはとってもいい!心に響くドラマ!
人の心優しい面をこれでもかというぐらい表現している作品。
こんなドラマはいつぶりだろう。とんび、最後から二番目の恋以来かな。

見始めたきっかけは香取慎吾さんとKINが同じっていうだけ。
上野樹里さんも好きだなと思っている女優さんの1人。
(なんだかんだ出ている人で見る見ないを決めているな)

なんだかね、人にとって大切なことを教えられているような気がするんだよ。
どのように生きていくのか、何をして生きていくのか、誰と生きていくのか。
きっと今の自分だからこそ受け取れるメッセージなのかなと感じているので毎週じっくりと見ている。

僕だけがいない街

とてもハマっているマンガがアニメになったので見ている。
構成が途中でわからなくなったので2,3回読みなおすほど夢中にさせてくれたマンガ。
ストーリーを知っている分おおおおーってなって楽しんでます。

まとめ

なんだか今期はよくテレビを見ているなーと思っています。
何かの反動があったのだろうか…。
ま、そんなことより今やっているものを楽しもうかと思います。

風邪の引き始めには生姜湯を。

朝起きるとどことなく目が重かった。
寝不足もあるだろうがそういうものではない感じだった。
花粉が飛び始めていると聞いていたので花粉症かなと思いそこまで気にしていなかった。

仕事でパソコンを使っていてもすぐ目が疲れて集中が途切れた。いつもならこの時間に気づいていたはずだった。お昼休みにご飯を買いに外に出ようとした時ようやく風邪っぽいなと気付いた。

私の風邪のサインは目から出始める。普段は一日中パソコンを見ても目が疲れることはない。でも風邪をひいた時は10分も画面を見続けるのがしんどいほど目が疲れる。

思い返せば2日前ほどから症状は出ていた。出ていたけれどもそのサインを無視していた。最近は仕事が夜遅くまであって身体と向き合うということを蔑ろにしていた。言い訳といえば言い訳だ。だから風邪をひくんだ。休めよと身体が言ってきている。

生姜湯を飲んで体をあっためて、身体の声を聞いてゆっくりと睡眠をとろう。一晩寝ればだいぶすっきりしているだろう。

初めて屋外でコーヒを淹れた感想

今日は友達と川辺で焚き火をして遊んでいました。昨日は雨が強かったけれど今日は快晴で気持ちよかったです。川辺だと風がきつかったです。

f:id:torus108:20160221224500j:plain

5,6人で焚き火を囲み、わいわい話をしたり持ち寄った物を飲み食いしてまったりと時間を過ごしました。ソーセージを焼いたりパンにチーズを乗っけて焼いてみたり、火を加えると美味しくなりそうな物を試して楽しく過ごしまいした。スナック菓子をちょっと炙ると香ばしい香りがついて美味しかったです。

火力が強かったが次のような感じ。火を眺めているとなんだか落ち着きますね。

f:id:torus108:20160221224325j:plain

やってみたかったことにチャレンジ

前々から1度屋外でコーヒーを淹れてみたいと思っていました。挽きたてのコーヒを。
カセットコンロとヤカンを持って来る人がいることを確認できていたので、いいチャンスだと思ってチャレンジしてみました。

淹れたコーヒーは美味しいと好評で嬉しかったです。
屋外の開放された空間で飲むのも新鮮でよかったです。

改善点

今回チャレンジしてみてやりづらかったというか微妙に感じた違和感は次のような感じです。ここを工夫すればもっと良くなるかなと思います。自己満足の部分もあるかと思いますが…

台があるとやりやすかった

今回はテーブルがなかったので地面や段差の上で淹れていました。その時に以下のことが気になりました。

  • 地面と接しているので冷えやすくなっていたかも
  • 道具を置く場所で手間取りやすかった
  • ドリップする過程をよく見せることができなかった
    どうしても見せやすい場所で淹れれなかった。コーヒー粉が膨らんでいく楽しい過程は上手に見せることができなかったのが少し心残りです。自分がはっきりと声を掛ければよいという部分もあるでしょうが…。

重みのあるカップを持っていけばよかった

ドリップをする際雑味を少なくするためにドリッパーに残っているコーヒーを最後まで淹れないようにしています。いつも残っているものはドリッパーごと流しに置いたり、別のカップに乗せたりして処理しています。今回は紙コップで対応したのですが、風が強かったので紙コップが不安定な状態になっていてやりづらかったです。重みのあるカップがあればもう少し安心して淹れることができたかなと思います。

自前でお湯を沸かせる道具を用意したほうが良かったかも

荷物が多くなるので今回は用意しなかったのですが自分で用意した方がよかったかなと思いました。お湯が沸くまでの過程がいつもと違っていたので少しやり辛かった部分がありました。自分で用意すると荷物が増えるのでそこはトレードオフとして断念するところでしょうか…。

最終的にやってみてよかった

改善点と思う部分はいろいろありましたが、やってよかったです。自分で美味しいコーヒーを楽しむのもいいですが、人に振る舞って美味しいと言ってもらえるのは嬉しいですね。もっと楽しんでもらえるために1人で淹れる時も「今回使っているコーヒー豆の特徴は…」という感じで説明しながら淹れるようにするといいかもしれません。人に説明するときに自分がどれぐらい知識を言語化できているか確認できますからね。

無意識に使っている言葉はありますか

人が行うことには大なり小なり何かしらその人が持っているものが出ている。
下手をすると全部でてしまうことがある。
例えば食事の所作で品の良し悪しがわかってしまったり。
最近まわりの人の口癖をよく気にしているのでほんの少し書き留めてみる。

1. すみません

すみませんという言葉はいろいろな意味を持っている。
声をかける時、謝るとき、感謝を伝えるときなど場面場面で意味が変わってします言葉。

個人的には感謝の気持ちを伝えたいのならありがとう、謝る場合はごめんなさい、失礼しましたという方が気持ちがいい。

特に感謝の言葉のかわりにすみませんと言われるのは気分は良くない。ありがとうの方が嬉しいよ。無意識に使ってる人は謙虚過ぎる、自分を犠牲にする傾向があるのかな。

2. 〜けれども…

けれどもに限らず逆接語は使い方によって受け取り側の印象が変わる。

「◯◯と思っていたんですけれど、本当は□□でした。」という場合は特に問題はない。気持ちの良くない使い方は次のようなもの。

「◯◯となっているんですけれども。」

けれどもで終わる場合。後に続ける言葉はあるはずだけれど伝えない。話が終わっているのかどうかわからなくてどこか不安定。相手に主導権を渡している印象を与える。

使う場面によっては効果的だと思う。例えばおねだりする場合とか。でも普段の会話の中で使われるとイラっとする時がある。

3. ちょっと

ちょっとやってみた。ちょっと考える。ちょっと調査してみる。

意味もなくつけるちょっと。本人は気軽にという意図を込めているのだと思うが聞いている方としては微妙に違和感がある。特にお客様との打ち合わせなどの会話でつい付け加えている。連発すると頼りなさそうと思われてもしかたはないかもしれない。

まとめ

今回は少し愚痴っぽい内容になってしまいました。自分も使ってはいないかなと振り返りました。

無意識に使ってしまう言葉というのは日常の使い方から見直さないといざ大事な場面でぽろっとでてしまう。
また、無意識に使っている言葉から自分はどんな感情を持っているのだろう気付くきっかけにもなる。

あなたは普段どんな言葉を使っていますか?
どんな言葉が気になりますか?

モーニングページは想像以上にすごい効果を秘めていた

先日から「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」に書かれているワークをやっている。知り合いのテンションがとても高かったので面白そうだと思って始めてみた。

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

はじめは軽い気持ちで何か変わるのかなーという感じだったけれども、やっていくうちにこのワークは続ければ変わっていって当然なのかもと思うようになった。

ワークは基本的に30分ノートに書き続けるモーニングページをやるだけ。ただ思っていることを書く。それだけなんだけどその効果は大きい。

最初のうちはこんなことやりたいな、あんなことやりたいなと普段よく思っていることを書き出していた。書き出していたのはふっと頭に思い浮かんで消えていくようなタイプの内容。

1週目が終わる頃このワークのすごさにふと気づいてしまった。気付いた時はいや~な感触があった。

このワークは普段考えているコトを頭からどけて、心の奥底に眠っているその人が大事にしているモノと向き合うことが目的だということを頭ではなく身体でわかってしまった。本のどこかに書いてあったりするのかな。

大切だと思っていること。でもそこまで急ぎの用でもないから後回しにしているもの。その大切なものをしっかり時間をとって向き合いなさい。

これがワークの趣旨なんだろうと腑に落ちてわかった。
このワークをやり続ければ否が応でも人生変わるなと思ってしまった。

そう気づいてしまったからかそれからワークをできていない。ただ単に仕事が忙しかったというのもある。けれど、これがホメオスタシスなのかなと感じている。

気づいてしまったんだからやってしまおう。やって人生を主体的に生きていこう。

ドリップポット(ペリカン)を新調しました【動画あり】

f:id:torus108:20160215001855j:plain

今使っているドリップポット(右の赤いもの)を購入したのが約3年前。
ある程度細く注げるタイプのものなんですが、どこか物足りなさを感じていました。
もう少し安定的に細く注ぎたいって気持ちが日に日に強くなってきていたのでドリップポットを新しく購入しました。*1

続きを読む