Evernoteを読み返して使い方を見なおそうと思った

メモを書いては保存、書いては保存、時にはwebクリップという形でEvernoteを普段使っている。いつから使い始めたのだろう、どんなことを書いていたのかなと思ったのでEvernoteを読み返してみた。

1番古いので2011年の2月だった。約5年使っていることになる。結構長く使っているんだな。学生の頃から使っているので実際はもう少し前かもしれない。

どんな使い方をしていたか

全体的にwebクリップが全体の7割ぐらいを占めている感じだった。
この記事後で読みたいなー、
webページなくなって読めなくなるのが嫌だからクリップ!
という感じでポイポイ入れていってたんだろう。
気付いたらかなりの量になっていた。

他にはFacebookやTwitterで気になった言葉を後で見返すためにメモっていた。
SNSだと流れていって検索が大変だからね。
あとは日常の中でのちょっとした感情や思考をちょっと書き残していたり、大切な情報をリストしていた。

しておけばよかったこと

いろいろな内容の物が残っていてその当時の自分自身の考えが反映されてるなーと思って眺めていたけれども、「自分の言葉」というのがものすごく少なかった!
記事をクリップするのは良い、良かったと思う言葉を書き留めるのも良い。
でもどうしてそういう行動にでたのか、そういう情報があった方がよかったなと見返していてすごく感じた。
他には当時どんなことを考えて過ごしていたのかという情報もほしいなと思った。
もしかしたら未来への自分のメッセージになっているものもあったかもしれない。
案外自分が綴った言葉って感情を揺すぶられるものがある。

これからの使い方

自分の言葉」を使って残していく

自分のノート。
人の言葉だけを残すスクラップ帳ではないのだから、自分の言葉を使うようにする。

感情をメインに残す

特に生々しい感情を残したい。
そういう情報ってすごく大切なものだと思う。
感情を感じるために生まれてきたのかもしれないと思っている。
感情があるから生きているんだなと実感できるのかもしれない。

ノートブックをうまく活用する

ノートブックを20個以上作っていたけれどもうまく活用できていない雰囲気があった。
これを機に使い方を見なおして、後で見て「おおっ!」となるような感じにしたいな。