2015年11月の記事一覧

エアロプレスを買いました

f:id:torus108:20151129232820j:plain

趣味の一つにコーヒーがあります。(趣味といっていいのでしょうか)
自宅で淹れるようになってから約3年半。
コーヒー豆をミルで挽いて淹れるようになってから約3年。(振り返ると結構経ってますね^^;)

今までは基本的にハンドドリップで淹れています。
新鮮な豆だとコーヒ粉がぷっくりと膨らんで良い匂いがします。
淹れている時間も楽しめます(^^)

ハリオ V60透過ドリッパー 02  クリア 1~4杯用 VD-02T

ハリオ V60透過ドリッパー 02 クリア 1~4杯用 VD-02T

コーヒーの淹れ方にはハンドドリップ以外にも色々な淹れ方があります。
エスプレッソ、ネルドリップ、フレンチプレス、マキネッタ、サイフォン、エアロプレス。

この中でフレンチプレスを体験してみたことはあります。
淹れ方は簡単でしたが、底に粉がどうしても残ってしまうのが好きになれない。
あと、掃除が面倒!(掃除方法は結構重要ポイント。淹れ方の違いを書いてあるページはあるけど、掃除について言及しているページはほとんどない)

フレンチプレスと同じような方法のエアロプレスという淹れ方もあります。

エアロプレス コーヒーメーカー

エアロプレス コーヒーメーカー

youtubeにも動画があがっていて色々みていると欲しくなってきました。

How To Make AEROPRESS Coffee – The Winning …

そんな時amazonでセールで安くなっていたので買いました!
何回か淹れてみましたがフレンチプレスと同じぐらい簡単に淹れれます。
それに掃除も楽!ポンッと押し出すだけ!

難点としては日本語のレシピが少ないことでしょうか。
いろいろ調べながら美味しいレシピを探求していきたいと思います。
そのうちこのブログで紹介するかもです。

運営ポリシーと免責事項について

ブログ運営に関するポリシー等

当ブログに掲載されている商品リンクはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイト等のアフィリエイトリンクになっております。商品に関するお問い合わせは直接各店舗へお願いいたします。商品や配送に関するトラブルや損害が発生した場合、当ブログでは責任を負いかねます。誠に恐れ入りますが、ご了承いただけますようお願いいたします。

プライバシーについて

当ブログは「個人情報の保護に関する法律」に基づき、「個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)」を定め個人情報の適切な管理・保護に努めます。

個人情報保護の基本方針(プライバシーポリシー)

1.個人情報の利用目的をできるだけ特定し、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用することはありません

2.個人情報を偽りその他不正な手段による取得しません。取得したときは、本人に速やかに利用目的を通知又は公表します。

3.個人情報を利用目的の範囲内で正確かつ最新の内容に保つように努めます。

4.個人情報の漏洩や滅失を防ぐために、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。

5.あらかじめ本人の同意を得ないで第三者に個人情報を提供することはありません。

ただし、法令に基づく場合、人の生命、身体又は財産の保護に必要な場合、公衆衛生・児童の健全育成に特に必要な場合、国等に協力する場合は除きます。

Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

当ブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Google AdSenseに参加しています。

当ブログではGoogle AdSenseを使用し広告を掲載しております。
Google Adsenseはデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用して広告配信をしています。Cookieを使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。情報提供を望まない場合は、Googleのポリシーと原則のページより、Cookieオプションを使用しないように設定することができます。

使用しているアクセス解析ツールについて

当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

免責事項

掲載した情報に関してその正確性や適切性に問題がある場合、告知無しに情報を変更・削除する事があります。そういったことのないよう、可能な限り努力をしてまいります。なお、当ブログの情報を用いて行う一切の行為、被った損害・損失に対しては、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

呼吸ワークショップの感想

呼吸は鼻
息吐きながらお腹をへこませます
吐いたら力を抜きます
気持よく、丁寧に、ゆっくりと
一生懸命やらないこと

この言葉は加藤さんがワークショップのレッスンの時に必ずいう言葉。

最初聞いた時CDの音声そのままだと思った。
本当にそのまんまでゆったりと気持よく誘導してくれる声。

呼吸の本

呼吸の本

百聞は一見にしかずと言いますが、本当にそのとおりだと感じています(誰がこのことわざ考えたんだろう)。
本やCDでは得られないことをワークショップで経験しています。
週に1回約90分まとまった時間で呼吸法を行う。
普段1人だとこんなに長い時間続けて行うことがない。長くても10〜15分ぐらい。
そして加藤さんの誘導があるからこそいろいろな気づきがあった。
特に大きな気付きが次!

吐くことだけに意識を向ける

冒頭の言葉にもある「息吐きながらお腹をへこませます。吐いたら力を抜きます」という言葉、どこにも「息を吸います」なんて書いていない。けれど実際にやってみると当たり前のようにお腹の力を抜くよりも息を吸うことに意識を持って行かれている!

はじめて気づいた時はショックだった。
言われているとおりにやっているつもりでも、実際はやっていない。
相手の言っていることを自分自身のフィルタを通すと少し曲がって聞いている。それも無意識のうちに。
素直に相手の言うことを聞くっていうのは案外できているようでできていないんだなと思わされた。
そして加藤さんの言うことをそのまま受け取って理解をしないと加藤さんが本当に伝えたい事を理解できないように思う。

息を吐ききると空気は勝手に入ってくる。そういう風に体の仕組みがなりたっている。
だから吸うことには一切意識を向けずに吐くことだけに集中する。
自分の体の力を信じよう。
こんなことが冒頭の言葉に込められているんだろうなと感じた。

思い切ってワークショップに参加して本当に良かったと思っている。
本を読んだだけでは掴むことができなかった感覚を得ているように思う。
長く続けていくと本当にいろいろなことに気づくことができそうな予感がする。

(余談)

加藤さんって結構子供のような心を持っているんだなーといい感じにCDや本で思っていたイメージを裏切られた。

ブログをかく理由

どうしてブログを書こうと思ったのか。

 
1つは頭の整理。
いろんな出来事に出逢った際にいろんな気持ちが動くかとおもう。文字にしてその時の気持ちを整理したいから。
 
1つはまとめる練習。
普段の日常の中で自分の気持ちを文字にして使えることを苦手としている。克服したいという気持ちからブログを書きこうと思った。
 
上記の理由だと別にwebに公開するブログではなく、ノートなどのアナログでの方法とかevernoteとかのメモ帳で十分じゃないの?という声が聞こえてくる。
 
いつも明確な応えがなかったけれど、つい最近でてきた。
 
自分自身の性格として、中途半端になってなかなか継続しない傾向がある。
アナログとかだと続いた試しがなかった。
あえてブログにすることによって継続できるようにしたいという考えからブログにしたんだと気付いた。
 
ひとまず1年は続けてみよう。

まわる

すべてのものはまわっている。

空気、血液、お金、命、いろんなものがまわっている。

そんな気がします。

加藤俊朗さんの呼吸ワークショップ

f:id:torus108:20151111015143j:plain

加藤さんの呼吸ワークショップに参加しています。
もう5回目が終わりました。一旦振り返って見ようかなと思います。
www.aoyamabc.jp

呼吸法との出会い

たしか2年前の2013年の年末に本屋で本を見かけたのがきっかけ。
なんとなく気になって立ち読みをしました。
ものすごくやさしい言葉、口調で書かれていて、内容がすーっと頭に、体に入ってきた。
不思議な感覚。

その時は買わなかったけれど、頭の片隅にずっと残っていたので後日購入した。
印象に残っている言葉

  • 「息」という字は自らの心と書いて息と読みます。
  • 呼吸は文字どおり吐いてから吸うことをいいます。吐くほうが先で、腹が主導権を握っています。

呼吸法をやってみて

出会った当時は仕事で精神的に参っていた時期。
なんとなくダメなループに落ちいっているという感覚はあったけれど、ぬけ出す方法がわからない。心が乱れていた。
瞑想が役に立つかもと思って試したことはあった。けれどしっくりとこなくて長続きはしなかった。

そんな時に加藤さんの呼吸法に出会い、呼吸法をやってみた。
やってみた感想はしっくりときたんだと思う。加藤さんの考え方が気持ちよかったのもあったのかもしれない。

呼吸法をやり続けると

毎日はしなかったけれど、気がついた時に呼吸法をやった。
本にCDがついていたので声で誘導してもらいながらやったりもした。

やっていくうちに加藤さんに会いたくなってきた。
対面でしか感じられない加藤さんのエネルギー、空気感、気遣いを感じてみたくなった。

加藤さんのHPを見るとリーダークラスという講座があった。
受講料30万を見て躊躇った。
払えない額ではなかったはずだけれど、一歩がでなかった。
ここで加藤さんにあうことを断念した。

ワークショップがあった!

そんなこんなで1年ぐらい呼吸法を取り入れた生活を送っていた。
なにかの拍子で習い事、セミナーに行ってみたいなと思った。
リーダークラスなるものがあったな〜と加藤さんのHPを見ていて、小さくワークショップのリンクがあるのを見つけた。

ワークショップ…
えっ………あるの???
これは行かないと…!!

すぐに申し込みを行った。
第23回と長い期間やっている。なんで前は気付かなかったかったのだろうか。

長くなってきたのでワークショップの感想は次回に書きます。

enkan.hatenablog.com

他人と話すことが自分を知る近道なのかも

先日友達とご飯を食べに行った。
友達が茹でタンが美味しいということで行ったのがここのお店。
タンを茹でたものは初めて食べたので新鮮な感覚だった。
お店はすごく狭かったけれど…。
 
 
お肉をつまみながらお互いの近況を話した。
仕事だったり、最近出会った本、映画やドラマなどなど。
 
その話の中で相手が初めて聞く内容の話があった。
自分自身にとってその話は結構印象的で感動したものだったけれど、
相手の反応をみているとうまく伝わっていないのかなという印象を受けた。
 
言葉にして他人に伝えたことがほぼ初めてだったので、うまく言葉にできていなかったり、話の流れがまとまってなかったりしたのが原因だったのかも。
 
感動した話や衝撃的な話は自分はすごいと思っていても、いざ人に伝えようとするとどこかぎこちない、うまく言語化できていなくて、想いが伝わらないもの。
自分の中でうまく言語化をする必要があるなと気づいた。
必ずしも言葉にする必要はないかと思うけれども、言葉にすることが伝わりやすい表現でもある。
 
ブログを通してそういう力をつけていこう。