読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界はまわると言うけれど

呼吸法、コーヒー、占いなど日々感じたことを綴っています。

「この世界の片隅に」はやさしいやさしい物語。

「この世界の片隅に」を観てきた。 たまたまyoutubeにあった予告編を観たことがきっかけ。 予告編を見た瞬間に「この映画は観ないといけない…!」という気持ちになった。なぜ観ないといけないかは言葉にできていないけれど、何か胸を締め付けられる感じがし…

ボブ・ディランと聞いて思い出す映画がこれ

「アヒルと鴨のコインロッカー」この映画の中でボブ・ディランの「風に吹かれて」が頻繁に流れる。

映画「世界から猫が消えたなら」はタイトルからは想像できない内容を秘めていた

映画「世界から猫が消えたなら」の感想です。 前々から見たいと思っていた映画ではなく、A-Studioで鶴瓶さんが「これはDVDとかではなく映画館でみるべき映画。横槍が入って集中が途切れない映画館でみるべき」と言っていたのが印象に残っていたので観てきま…

自分にとって大切なものは何なのかなと考えさせられた映画「あやしい彼女」

多部未華子さん主演の映画「あやしい彼女」を多部さん見たさに観てきました。 後味が心地いいなと感じた映画でした。 心に残っていることはこんな感じでした。

原作がある映画やドラマの楽しみ方を考えてみた

ここ半年ぐらいの中で小説・マンガを映画化・ドラマ化した作品をいくつか見てきた。 掟上今日子の備忘録 無痛~診える眼~ オデッセイ エヴェレスト 神々の山嶺 上記の4つは原作を読んだ上で映像を見た。 映像ならではの魅力はあって楽しめたけれど、 どこか…

火星の人・オデッセイの感想

会社の中で話題になっていたので原作を読んで映画も見に行ってきました。 本・映画それぞれに良いところがあったのでまとめてみます。 あらすじ 事故で火星に1人取り残された主人公ワトニー。 最初は死んだと思われていたが実は生きていたことがわかる。 NAS…